岸壁黒鯛ゲームにイガイ(カラス貝)そっくりの疑似餌(ワーム)が優秀すぎた!


まいど!ふくまる大将どすえ!

今回は黒鯛(チヌ)落とし込み釣りやヘチ釣りの餌で使う、イガイ(カラス貝)の現地採取がメンドクサイ!虫が一杯着いてるから気持ち悪い!という方の為のイガイそっくりの疑似餌(ワーム)を紹介します。

疑似餌(ルアー)だからって釣れにくい?

ノンノン!

釣れるんです!

なんなら、堤防にイガイが着いていなくても釣れるんです!

2種類あるので、その違いや、使いやすい仕掛けを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

豊勝 メロメロカラス貝

まずは一つ目、豊勝のメロメロカラス貝

この疑似餌の特徴は、表面に本物のカラス貝の殻を使っており、中身がワーム?シリコン剤みたいなのが入っています。

針に刺しやすく、表面が硬いので黒鯛が食いついても離しにくいです。

【鯛好香付】って書いてますね。

匂ってみたら臭いですよw

メロメロカラス貝でチヌを釣る動画

冒頭で鼻に突っ込んでますが、結構臭いので体を張った芸なのをご理解くださいw

ガッツリ釣れてましたね。

おすすめのサイズはLとLLです。

大きい方が使いやすいですね。

メロメロ緑カラス貝というのもありますが、こちらも同様に釣れます。

イガイバリュー

KI-PROJECT イガイバリュー

こちらはメロメロカラス貝と違って、完全にゴム?ワームで出来ております。

こちらも針に刺しやすく、匂い付きでよく釣れる疑似餌となっております。

表面が割れないので、残っている限り何度でも使えますよ。

イガイバリューで釣りまくる動画

入れ食い状態でした!!

これだけ釣れるポテンシャルを持っております。

おすすめのサイズはLですね。

Mの場合大きいのも入っていますが、2個刺したりしたら良いと思います。

売り切れの場合こちら

KI企画コーポレーション イガイバリュー L

おすすめの落とし込み仕掛け タックル

2つの動画の仕掛けはまったく同じです。

使っているのが疑似餌なので、折角ですから、タックルもルアータックルでやりました。

岸壁黒鯛ゲームというやつですね。

詳しくはこちら

ワームとルアータックルでチヌ落とし込みヘチ釣り【岸壁黒鯛ゲーム】
真昼にルアータックルとワームで、完全ルアーフィッシングでの黒鯛を釣りあげる方法を紹介します。

もちろん、普通のヘチ釣りタックル、落とし込みタックルでも出来ますよ。

今回使用したタックル

ロッドシマノ(SHIMANO) エクスセンス S1010−1110M/RF−T 37152 ファイティングアブソーバー 

リールシマノ(SHIMANO) 14ステラ 3000HG 14 STELLA 3000HG

ラインクレハ(KUREHA) シーガー R18 完全シーバス 150m 0.8号/15lb フラッシュグリーン【あす楽対応】 

ショックリーダークレハ(KUREHA) シーガー プレミアムマックスショックリーダー 30m 2.5号 クリアー【あす楽対応】

かなり高級タックルですが、普通のシーバスタックルで出来ます。

余裕があれば真似してみてくださいね。

おすすめの仕掛け

ふくまる大将は断然、目印仕掛けの落とし込み釣りをおすすめします。

基本的にイガイを使う釣りに関しましては目印に勝てる釣り方は無いと思っております。

ヘチ釣りはダメなの?

いいえ、そうではありません。

イガイの着くシーズンは基本的に黒鯛は浅い棚に上がって来ますので、目印+ハリス分の3.5mほど落とせば十分なのです。

そして目印のメリットはふんわり落とせるんですね、ヘチ釣りは目印と同じくらいの錘にすると、ラインでアタリを取らなければならなくなり、非常に見にくいのです。

慣れてくれば、ヘチ釣りでも軽いG5~G2の錘でも出来るのですが、少し上級者向けとなっており、目印の方をおすすめした次第です。

今回の落とし込み釣り仕掛け

自作の目印2.5m

作り方はこちら

黒鯛(チヌ)落とし込み釣り目印仕掛け作り方【動画有】自作制作でコスパ抜群
黒鯛チヌ落とし込み釣りで使う、目印仕掛けの作り方を紹介します。


作るのメンドクサイという方はコレ
ササメ 達人直伝落とし込みフロートライン 5枚セット

ハリス:フロロカーボン1.5号 ヤマトヨテグス(YAMATOYO) チヌハリス 50m 1.5号 グレー

:ガン玉G5 デュエル [HP]ガン玉 5号

:伊勢尼7号 がまかつ 伊勢尼 7号 黒

針結び器は本当に便利

針結び器は使い方も簡単で便利【ハピソン YH-720 乾電池式薄型針結び器 SLIMⅡ】
簡単に針結びが出来る、針結び器の紹介 自分で結べる方も、一度これを使うと手放せなくなるかもしれませんよ。

この仕掛けを際に落として、目印を見てアタリを取ります。

重要なのは際をしっかりキープするということ、いくら風が強くても、この錘で落とせますので、頑張ってくださいね。

流れが速い場合はG2くらいに、少し重くすることもあります。

まとめ

落とし込み釣りやヘチ釣りの敬遠される所は、餌がどこで採れるかわからない所や、いざイガイを採っても虫が一杯着いていて気持ち悪い所もあると思いますが、すごく釣れる釣りなので、このイガイそっくりのメロメロカラス貝とイガイバリューを持って是非とも一度やってみて欲しいですね。

この二つ、どちらも食いに大差はないと思います、強いていうならメロメロカラス貝のほうが本物により近くアタリがあった時に表面が割れるので、わかりやすいという所でしょうか。

まずは二つ両方試して、しっくりくる方を使うのが良いと思います。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする