間違いやすい黒鯛ヘチ釣りの竿(ロッド)リール おすすめと選び方

黒鯛ヘチ釣りを初めてみたい方は必見!

黒鯛のヘチ竿(ロッド)の選び方、ちょっと難しいヘチリールの選び方、手持ちのタックルで流用できるか?詳しく紹介していきましょう~。

スポンサーリンク

黒鯛チヌ ヘチ竿の選び方

竿の長さ

2m~3mの長さが一般的な黒鯛のヘチ釣りの竿になります。

選び方としては、足場の高さで選ぶと良いと思います。

2.1m 2.4m 2.7m 3m と色々な竿でやってみましたが、神戸・大阪湾は足場が高い所が多く、3mが一番やりやすく感じました。

強い風が吹いた時に限りなく水面に竿先が近づけれるので、糸が風に煽られず、足場が高いと長い竿が有利になるわけです。

チヌヘチ釣りで重要なのがガイド

チヌ釣り用のヘチ竿はガイドが多く、糸フケが出ないようになっており、ガイドも小さくなっています。

目印落とし込みでも同じですが、軽い仕掛けやオモリを使うので、とても風に弱く出来る限り糸フケが出ない様に作られています。

購入するときの目安としては、「ヘチ チヌ 黒鯛」と書いてあるものを選ぶのが失敗しないコツですね。

注意!Uガイドは絶対ダメ!!!

写真のようなU字の針金のようなガイドをUガイドと呼びます。
こちらのガイドは糸が出ない仕様となっておりますので、ヘチ釣りは出来ませんのでご注意ください。

「落とし込み チヌ 黒鯛」と書いてある竿は、ほぼUガイドなので、気を付けてください。

竿の硬さ

フィールドに合わせて選ぶのが良いかと思います。

オーバーハング、スリット(堤防下の隙間)等、を攻める場合は、チヌに入られるとラインブレイクしてしまう為、素早く引きはがせるようにパワーのある硬調の竿が有利になってきます。

逆に垂直の岸壁や障害物のない所は、ゆっくりとやりとりが出来る為、軟調の柔らかい竿が有利になります。

初めは好みで選んでみましょう。

黒鯛釣りの醍醐味、波止の王者との駆け引き、貴方はどっちを選ぶ?

ゆっくり魚とのヒキを楽しむなら軟調竿

ゴリゴリと有無を言わさず釣り上げてやろうと思えば硬調竿

好きな方を選びましょう。

のちに慣れてきた時に、もう一本違う硬さの竿を購入すれば良いわけですから。

おすすめのヘチ竿はこれだ!


がまかつ がまチヌ へちさぐり銀治郎MH300

オリジナルテーパーのグラスソリッド穂先を採用。「ラインに出る、手元で感じる、穂先に出る」へち釣り特有のアタリがとりやすい仕様です。また本体部分は細身軽量に設計し、より高い操作性を実現しています。E.V.A素材グリップのスクリュー式リールシートと軽量大型肘当てを採用。疲れにくくホールド性に優れ、安定したやりとりが可能です。小径のSiCリングガイドを採用し、PEライン使用に対応させています。

MHタイプ
スリットケーソンなど強引な勝負が必要な釣り場に対応。
強風や波があるなどのタフな状況下でも使いやすいブレに強い穂先に仕上げています。

へちさぐり銀治郎MH300の感想、インプレ

ソリッド(先調子)が最高

竿先がグラスソリッドで柔らかく、あたりが取りやすい為、ヘチ釣りに最高にマッチしております。

ガイドの糸抜けが良い

ヘチ釣りは、ガン玉の重みだけで糸を出さないといけない釣りなので、このガイドがショボイと糸が出なくなって非常にストレスが溜まりますが、銀治郎はそんな事はありません、素晴らしくガイドの糸抜けが良いです。

おいらはPEラインは使いませんが、PEラインも使えるSICガイドを搭載しております。

申し分のないパワー

スリットや船の間でも、チヌに主導権を握られないパワーがあります。

参考動画 「船の間でチヌを釣る」

落とし込み釣りでは、まずこんな隙間は攻めれないので、ヘチ釣りの特権ですね。

名前がカッコイイ!

銀治郎ですよ?銀治郎! 大体アニメやマンガで出てくるキャラの銀治郎ってカッコイイキャラが多くないですか?

もっと安い入門用の竿はないの?

ヘチ釣り専用の竿は、はっきり言います、ありません。
安くても2万円~3万円の竿が最低ラインとなっております。

では、色々と今まで試してみた竿達の中から、値段の安く使いやすい竿を紹介します。

はい、こちら!メバリングロッドですね。
実際にヘチ釣りで使用したことがあるので自信を持っておすすめ出来ます。

ヘタなヘチ竿買うより、この竿を買う方が間違いありませんよ(キッパリ)

黒鯛ヘチ釣り ヘチリールの選び方

チヌヘチ釣りはガン玉の重さだけで回る回転性能の良いヘチリール(タイコリール)が必要になってきます。

注意!ドラグ付きのタイコリールはダメ!

ドラグ付きのタイコリールは、ドラグフリーにしたとしても、スルスルと回転しないので絶対に買ってはいけません。

回転性能が命

回転性能の悪い安いヘチリールを買うと、安物買いの銭失いになる事間違いなしです。

それほどまでに回転性能が重要な釣りなのです。

今からおすすめするリール意外は、わかっている方なら大丈夫ですが、初心者の方は他のリールは買わないようにしましょう。

おすすめのヘチリール

黒鯛工房 THEヘチセレクション88W-RT

クリックストッパー機能付き

黒鯛工房 THEヘチセレクション88W-RTの感想、インプレ

クリックストッパー機能

通常のヘチリールには、このクリックストッパー機能は付いておりません。

このクリックストッパー機能の為にこのリールを買うのです。

ツマミをポチっとするだけで、軽やかなクリックテンションでドラグ機能と同じように、竿に糸を通す時や、餌を付ける時、移動時に不用意なスプール逆転を抑えます。

目印落とし込みと共用できる

クリックストッパー機能のおかげで、目印落とし込みも問題なく出来ます。

クリックストッパー機能がないヘチリールでも、落とし込み釣りと共用できますが、常にスプールを持っておかないといけないので少し疲れます。

ヘチセレクションが売り切れの場合は一つ上級の機種、こちらのヘチリミテッドがおすすめです、機能は同じです。

もっと安くて入門用のリールはないの?

よくぞ聞いてくれました!あります!ありますよ~!

はいこちら!人気で品薄ですが、見つけれたら買っておきましょう。

なぜこっちをおすすめしない?

はい、クリックストッパー機能がないので、竿に糸を通す時や、餌を付ける時にバックラッシュ(スプールが勝手に回って糸がぐしゃぐしゃになる)するんですよね。

クリックストッパー機能がないので対処法を動画で置いておきますね。

「回転性能最強のヘチ釣りリール「海将黒鯛KA-87R」初心者にも熟練者にもおすすめ 」

もう一つ、対決してみました。

「「どっちが回る?」海将黒鯛KA-87R vs ヘチセレクション88W 」

タックルの流用

では、手持ちのタックルで流用が可能なのか、説明していきます。

先ほど、ちょろっと紹介してますが、もうちょっと詳しく説明しましょう。

ルアーロッドはガイドの抜けが良く、ヘチ釣りに向いています。

PEラインを使う場合はSICガイド搭載のロッドを選んでくださいね。

メバリングロッド+ヘチリール

さっきの、おすすめロッドですね。

柔らかい竿なので、チヌとのやり取りがとても楽しいですよ。

シーバスロッド+ヘチリール

硬い竿で狭い所を攻めたい場合はこちら。

シーバスロッドガイド経が大きく糸の出が良いので、ヘチ釣りに向いています。

シーバスロッドの中でも柔らかめのL調子くらいを選ぶと良いです。

シーバスロッドでヘチ釣りするなら、安価なこの辺り

★【シマノ】2016 ムーンショット S900L

【送料無料】シマノ(SHIMANO) ルアーマチック S80L LUREMATIC S80L【あす楽対応】【SMTB】

リールは流用出来ません

説明した通り、回転性能が命の釣りなので、リールの流用は出来ないです。

似たような事は出来ても、ヘチ釣りではないですね。

また別の釣り方になると思います。

それはまた別記事にて、紹介出来る機会があればと思いますので、お待ちください。

まとめ

このページで一番重要なのが、「回転性能が命」「Uガイドの竿は絶対ダメ」が一番注意して頂きたい項目です。

動画で実際によくあった質問コメント

youtube「ふくまる大将ヘチ釣り動画」のコメント欄でよくあった質問。

「ヘチ釣りをやっているのですが糸が出なくて困っています」

圧倒的に多かったのがこの質問で、最も多い原因は3つ

・ドラグ付きタイコリールを使っている
ドラグの付いたタイコリールは回転性能が悪いのでヘチ釣りには向いておりません。

・Uガイドの竿を使っている
何回も記載しましたので、もうおわかりですよね、Uガイドは絶対にダメ!

・質の悪いヘチ竿を使っている

記載した通り、ガイドが安物の竿は糸抜けが悪く粗悪品が多いので気を付けてください。

安いヘチ専用のロッドを買うなら、シーバスロッドやメバリングロッド等の、ルアー用ロッドのSICガイドが搭載されている物のほうがガイド経が大きく、糸抜けが良いのでやりやすいと思います。

それでは良いチヌヘチ釣りライフを♪

黒鯛ヘチ釣りの落とし方アタリの取り方ヒットシーン【動画で解説】
黒鯛(チヌ)ヘチ釣りのアタリの取り方と、落とし方が分からないと、質問が多かったので、動画とこちらで解説していきます。 動画内にヒットシーンを集めた映像もあるので、感覚を掴んでもらえると思います。